• 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~土曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238(SPA Tirta) TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。 火曜は店舗への電話対応不可(施術は可能です)の為、担当者(いとう)の携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言 > セックスレス > 2人目不妊とセックスレス

院長のひとり言

< 妊活 〜噛んで噛んで体質改善〜   |  一覧へ戻る  |  陰陽からみた種まきのタイミング >

2人目不妊とセックスレス

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院の伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。     
 
本日のお話は『2人目不妊とセックスレス
 
 
日本は世界でも稀なセックスレス大国。
 
 
一般社団法人 日本家族計画協会の統計では44.6%、実に半数近くの夫婦がセックスレス(1か月以上性交渉なし)という驚愕の結果が…
 
 
理由のトップは
 
男性は「仕事で疲れている」(21.3%)
 
女性は「面倒くさい」(23.8%)
 
 
切ないですね。
 
 
 
女性は妊娠・出産・授乳と立て続けに体が変化する時期があります。
 
体の中では女性ホルモンも劇的に変化します。
 
 
それにともなって産後からマタニティブルーなどの心の変化が訪れる方も少なくありません。
 
 
出産後の女性は慣れない育児で生活サイクルもがらりと変わってきます。
 
夜中の授乳や昼夜逆転、夜泣きなどでクタクタに疲れたママは旦那さんから求められても「とてもそんな気持ちになれない」ということも多いですよね。
 
 
そして年齢が上がるに伴い、男性は働き盛りの年齢に入り、女性も家事に育児、仕事を再開する人もいるでしょう。
 
その為に夫婦の就寝時間のズレも大きな問題になっているようです。
 
 
働き盛り世代では女性は寝かし付けの為、子供に合わせて早く床に入ることも多くなりそのまま寝落ちしてしまったり。
 
 
仕事で帰宅が遅い男性だと帰宅した時にはもう妻が寝入っているということも多くなってしまいます。
 
 
そこで夫婦間で共有しておきたいのが欲求の優先順位です。
 
 
人間には3大欲求というものがあります。
 
みなさんもご存知かと思いますが食欲、性欲、睡眠欲ですね。
 
 
その中でも性欲は最も優先順位が低く設定されているのを再確認しておきましょう。
 
 
なぜなら性欲とは元々、子孫を残す行為。
 
 
まずは本人が健康である事を優先するので栄養、睡眠が足りていない体では性欲は抑えられてしまうんです。
 
 
特に産後すぐの方では赤ちゃんのお世話で睡眠時間が大幅に削られてしまったり、お子さんが大きくなるにつれて子供に手をかける時間が増える為、性欲よりも睡眠欲を優先したくなるのは生理現象として当然のことと言えます。
 
 
しっかり栄養をとり、寝れる時はしっかり寝る。体質改善の基本はここでも生きてきます。
 
 
そのバランスを良くしていく事で性欲も戻ってきますよ!
 
 
そして元気で仲が良い夫婦でも帰宅後は自分の時間が欲しいとスマホをいじったり、テレビを見たりとお互いが同じ空間にいながら距離感が開いてしまっているなんて事もありませんか?
 
 
その為、2人目はかなり子づくり寄りのセックスなんて夫婦も多いのではないでしょうか。
 
 
「何日は排卵日だからがんばろう」みたいな。
 
 
勿論、タイミングをとるのは大切です。
 
 
正しいタイミング法はまた別の機会にお話したいと思います。
 
 
共働きで夫婦が忙しく、性生活の頻度も減る傾向がある為にタイミングを計るのさえ難しいという人も増えています。
 
 
アメリカでは約3日ごとに1回以上セックスをしていれば、いつ排卵が起きても卵管で精子が待っているので妊娠する可能性が高くなるというデータも。
 
 
数打ちゃ当たるなんてのもあながち間違いではないんですよ。
 
 
もちろん、排卵日を推定してセックスをするのはいちばんわかりやすい方法です。
 
 
正確な排卵期を調べる為には基礎体温での予測や病院での検査ではなく、排卵チェッカーを必ず活用して下さいね。
 
 
卵子の寿命は約1日ですが、精子は卵管で約3日生きていることができます。
 
このタイムラグを知っているだけでタイミングの取り方も変わりますからね。
 
 
子作りも大切ですが、まずはセックスレスを解消していく努力も必要なんです。
 
 
セックスレスを解消する為にはまず自分の状態をしりましょう。
 
こちらも合わせてご覧ください!
 
 
産後も体質改善を継続する事で心も体も充実していきますよ。

カテゴリ:

< 妊活 〜噛んで噛んで体質改善〜   |  一覧へ戻る  |  陰陽からみた種まきのタイミング >

同じカテゴリの記事

陰陽バランス(陽気の過剰)とセックスレス

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      
 
 
 
本日のお話は『陽氣の過剰とセックスレス』
 



images13.jpg
 
肌はスベスベしてますか?
 
体は柔らかいですか?
 
ほどよく脂肪がついていますか?
 
 
女性は陰に属すると言われています。
 
 
セックスレスに悩む女性の多くが細身で筋肉質であったり、我が身が強かったり、バリバリのキャリアウーマンであったり、また育児などのストレスを感じすぎていたりします。
 
これは陽が強いという事。
 
本来の女性の働き、陰が乱れていると言えるんです。
 
 
陰陽の考え方では男性は天=陽、能動的で積極的な働き、自律神経では交感神経です。
 
 
女性は地=陰、受動的で消極的な働きで自律神経では副交感神経です。
 
 
男性は交感神経を優位にさせ、緊張し興奮する、そして副交感神経が優位な女性に癒される。
 
 
これが男女の陰陽のバランスなのです。
 
 
副交感神経が優位な陰タイプの女性は肌は白く柔らかで、スベスベしている事が多く、体も柔らかく、丸みを帯びています。陰を象徴するものが多いんです。
 
 
もともと陽が強い男性は女性の柔らかい身体にふれ、安心することで陰を取り込みたいんですね。
 
 
 
陰と陽は互いに引きつけあい、バランスを取ろうとしています。男性と女性が引き付け合うのと同じですね。
 
 
同じものばかりが寄り集まるとバランスの悪いいびつなものになるように、陰と陰、陽と陽が重なると偏ったものになってしまいます。
 
その為、陰同士、陽同士は反発しあう作用があるんです。
 
 
陰陽バランスからみたセックスレスの理由の1つとして、男女ともに本来の男性(陽)の役割、女性(陰)の役割が曖昧になってきたということがあるのかもしれません。
 
 
オスとメスがいて、交わることで子孫を生む。陰陽の調和です。
 
 
心身において異なる身体のしくみや役割を持たせられたのには意味があるんですよ。
 
 
もともとの人間の起源を辿って考えてみると、人々の暮らしといえば男性は狩りに出かけ、獲物を捕らえて家族へと持ち帰る。
 
女性は住みかで食事の支度をしながら男性たちが無事帰るのを待つことが基本にありました。
 
 
現代社会においは男女平等と考え、女性も積極的に社会進出しています。それが悪いという事ではありませんが、結果的に女性も交感神経が優位な臨戦状態(陽が強い)になってしまい、陽の気が全面に出てきている状態が続いていると考えられます。
 
 
女性の陰中の陽が強くなれば、男性の陽の気と反発してしまい。結果的にお互いを求めなくなると考えられます。
 
 
女性が男性を受け入れられないのは陽の気を必要としてないという事ですね。
 
 
これが女性からみた陰陽バランスの崩れからくるセックスレスの原因と言えるんです。
 
 
 
そして陰陽が交わる場所は膣。
 
 
分解してみると、月、穴、至。
 
穴を通って陰(月)に至る。
 
 
陽の気が入ってくる所です。
 
 
陽の気が自分に多ければ外から必要としない。その結果としてセックスレスになっているって頷けますね。
 
 
 
陰陽のバランスを取る為には現状を知る事から。
 
 
常にイライラしてませんか?
 
子育てだけに集中し過ぎていませんか?
 
仕事に追われ、コミュニケーションをとる時間を疎かにしていませんか?
 
 
 
陽の気が強くなりすぎていませんか?
 
 
 
陰陽バランスを意識してみて下さい。
 
 
・陰性のものを食べる、根の物(ごぼう・大根・ニンジン・・・など)
 
 
・陰性の場に行く(神社仏閣・図書館・書店・・・など)
 
 
・陰性の色を求める(寒色(青)系の服を着る・青系の部屋や布団に入る)
 
 
・陰性の行動をする(瞑想・深呼吸をする・人の話を聞く・・・など)
 
 
 
たまには月を見ながらゆっくりお話しをしてみて下さいね。

このページのトップへ